五反田 ホテヘルコスプレ

秒即DE舐めてミント「くらら」の風俗口コミレポート

公開 2018年8月11日

キャストランク

S

くらら(20歳)/ 身長165cm B89 W57 H88

オフィシャル情報

キャストの身長・スリーサイズ・カップ数等は、オフィシャル情報を元にしています。

支払い金額 評価金額 差額
\22,500 \29,500 +\7,000

支払い金額詳細: 60分18,000円+入会金2,000円+指名料2,000円+TAX500円

  • 遊んでよかった (2)
  • 行きたくなった (3)




調査を行った部員

桜田 哲也

桜田 哲也(48歳)

認定部員 / 口コミ・レポート投稿数、92件 / SM度 SS

癒しと性欲を満たしてくれる清楚なエステティシャンをご提案

世の男性たちは、風俗遊びで苦い経験をしたことがないだろうか。そんなとき、私は「癒し」を求めて風俗エステに行きたくなる。なぜなら、エステはソフトサービスが基本であるため比較的清楚な女…(プロフィール情報へ

総評

ルックスもスタイルも意識もすべてが高得点

高評価ポイント

くらら嬢はハーフタレントの様なルックスを持ち、高身長ながらムッチリと抱き心地の良い身体の持ち主という、外見的に高評価が与えられるキャストである。さらに「お客様からいただいた時間(くらら嬢の表現)」のすべてを男性客の満足するものにしようとするプロ意識の持ち主でもある。この言い方が失礼でなければ「風俗嬢の鏡」と言っても過言でない。

低評価ポイント

上記の高評価ポイントの項にある様に、くらら嬢の低評価ポイントを探すことはとても難しい事である。無理して探そうと思えば一点、くらら嬢のプロ意識を「お仕事派」として捉える「疑似恋愛フェチ」の男性が不満を感じるかも知れない。

おすすめできる方 おすすめできない方
  • ハーフの様な美しい顔立ちの女性が好きな方
  • 抱き心地が良い程よいムッチリ感が好きな方
  • しっかり仕事をするプロ意識に敬意を感じる方
  • 疑似恋愛感や色恋営業が好きな方
  • ポチャやガリなどに強度のフェチがある方
  • 未経験嬢のおぼつかないプレイを可愛いと思う方

分析

ルックス

+\2,000

アイマスクがもったいない

多分世の中の男性のほとんどが可愛いと思うルックスであろう。それはまさしく芸能界にいてもおかしくないほどであり、このお店のプレイスタイルである男性客側の前半のアイマスクがもったいないと思う程なので2,000円のプラス。

分析ポイント

  • 可愛い
  • 芸能界
  • アイマスク

スタイル

+\2,000

見えなくても美しい

多分世の中の男性のほとんどが美しいと思うスタイルであろう。このお店のプレイスタイルである前半のアイマスクがもったいないとも思うが、見た目だけでなく、前半のアイマスク状態でも抱き心地/触り心地共にすばらしいので2,000円のプラス。

分析ポイント

  • 美しい
  • 抱き心地
  • 触り心地

キャラクター

+\1,000

プロ意識が高いキャスト

「明るく楽しいキャラクター」と一言で片付けて良いのかどうか。なぜならくらら嬢はとてもプロ意識が高いキャストなので、当方がソレを望んでいる事を察知して「明るく楽しいキャラクター」を演じている様にも見える。もちろんソレを楽しめたので1,000円のプラス。

分析ポイント

  • 明るく楽しい
  • プロ意識
  • 察知

ホスピタリティ

+\1,000

どの様な男性客も満足できそう

プロ意識が高さから所作や言葉の端々にどうしたら男性客が喜ぶか、常にアンテナを張っているかの様に思える接客であった。多分どの様なタイプの男性客が来ても、気分良く遊べる対応が出来ると思うので1,000円のプラス。

分析ポイント

  • プロ意識
  • アンテナ
  • 様々なタイプ

プレイ

+\1,000

懐の深いプレイスタイル

今回は当方の嗜好に合わせプレイで、くらら嬢にとっていつもと違うペースで(責め少なめ/受け多め)進行していた様である。もちろん当方も満足出来たし、他の男性客の嗜好にも合わせられる懐の深さを持っていそうなので1,000円のプラス。

分析ポイント

  • 嗜好
  • 進行
  • 懐の深さ

検証

容姿および声 HP写真から想像してた感じの容姿より、かなりのハーフ顔で美人方向。高く可愛い声はM性感としては優しい声色。
年齢 HP表記は入店時点の年齢との事。2年の在籍=2歳プラスか。
おっぱい ふわっと柔らかく膨らんでいる感じなので、HP表記のEカップには届かないかも。少し大きめの乳首は淡いピンクで、成熟感と初々しさの両立。
部員の独自査定は…
推定Dカップ(公式はEカップ)
スタイルおよび脚 HPのスペックや写真の雰囲気より、ほんのりムッチリ感を増している感じ。それでも身長が高いのでスラリとした感じは健在。
部員の独自査定は…
標準体型
口臭及び煙草 なし
各種キズおよび線 なし
業界経験 若いながらも、この店舗の立ち上げ当時から在籍しているベテランキャスト。この店舗の在籍以前にも地方で風俗歴があるとの事。

提案

選び方(予約まで)

高身長のキレイ系に責められたい

今までキャストの年齢が低めの店舗だと「素人系」という事でこちらから責め倒す事が多かった。だがこの『秒即DE舐めてミント』は「痴ロリ(ロリなのに痴女)」というキャストに責められる店舗らしい。であるならば低身長で可愛い妹系でなく、高身長のキレイ系に責められたい。そこで目を引く「くらら」嬢、T.165 B.89(E) W.57 H.88のハイスペックにショートヘア!これは期待出来そう。

遊び方(開始~終了まで)

思いっきりワガママを言ってみよう

今回のくらら嬢はプロ意識の塊の様なキャストなので、男性の持つ多様なフェチに対応出来ると思う。受付時の問診票の様なシステムは、そんな男性たちの妄想を受け止めたくてくらら嬢が自ら導入を勧めたとも言っていた。競争率が高い様であるが、もしくらら嬢に入る事が出来れば、思いっきり自分の妄想を実現してみよう。

店舗・キャストへの助言

キャストの管理がアマ過ぎる

この店舗は以前から何回も予約電話をしているのだが、夕刻に掛けると予約満了と言われる事が多かった。そこで受付開始時刻に電話をすると、まだ出勤確定が出来ていないから予約が取れないと言われる。その出勤確認自体もアマく〇〇ちゃんは何時に来るか分からないと悪びれもせずに言う。もう少しキャストに厳しくてもいいのではないだろうか。

再現レポート(秒即DE舐めてミント くらら / ホテヘル・コスプレ)

緊張が解けて来た

実は不安でいっぱいだった。もしこれまでのレポートを読んでくてれいる方ならわかると思うが私はかなりの「責め派」なので、いままでM性感的な風俗のデフォルトのプレイに満足する事はあまり無かった。しかも今回はプレイスタートが男性客がアイマスク状態。どんな感じで進行していくんだろう?

ノックされたドア開けると、その隙間から手だけが見えアイマスクが差し出される。思わず「あ、コレかあ…」と独り言を言ってしまうと、くらら嬢の「うふふ♡」と可愛らしい笑い声が聞こえた。あれ?こんな感じ?もっと怖い感じで来るのかと思ったけどちょっとホッとする感覚。

ベッドに戻りアイマスクをつけてみると完全な暗闇。くらら嬢が部屋に入って来た気配がする。と思ったら、こちらの手のあたりにツッと触れて「ちょっと待ってて♡」といたずらっぽい囁き声。この想定外のクララ嬢の可愛い雰囲気に、先ほどからのこちらの緊張感もだんだんと解けて来た。

ドキドキのプレイスタート

程なく準備が出来たくらら嬢が「ちょんちょん♡」といたずらっぽく言いながらこちらの足先をチョンチョンとつつく。そして「これ開けていい?」とこちらがシャワー後に着ていたバスローブの前をはだける。視覚が奪われているので、その他の感覚が敏感になっているのか、全身に空気の揺れが感じられる。

ギシっという感じでくらら嬢がベッドに上がったのが分かる。どこからくるか?!と思ったら。くらら嬢がそっとこちらに覆いかぶさり全身を密着させる。思わずこちらからもハグをしてしまう。(内心ではこちらから手を出していいのか悩みながら…)するとくらら嬢は「ふっ♡」という感じの吐息を漏らす。

その吐息がこちらの口元に感じた次の瞬間、暖かく柔らかく湿った何かが唇をかすめる。キスが始まった。視覚が奪われたキスはいつもの3倍くらい敏感で、感覚の大半がその熱いキスに集中してしまう。もう半分は手の触覚に残り、くらら嬢のすべすべの肌の温度と湿度を感じている。

暗闇では全てが敏感

その手はくらら嬢の体の造形を探る。健康的な量感を持つ背中から、なだらかに絞られていくウエスト、そして急激に張り出したヒップ。バストはたっぷりとこちらの胸にのって潰されている。四つん這い状態なのに腹部は平らに締まって、下腹部にはすこし隙間を持たせている。見えないのに完璧なスタイルが想像出来る。

かなり長い熱いキスが途切れたと思ったら、首筋に舌が這う、そして乳首に降りる。そのまま下に行くと思ったらまた熱いキス!ここまでM性感的感覚は少ない。どちらかというと恋人同士の時間に視覚のみが奪われ、その代わりに触覚や聴覚が敏感になっている感覚。この当方としては嬉しい誤算にペニスは完全勃起!

くらら嬢は身体を起こし、そのペニスに手を這わせて「うふふ♡おっきくなってる♡」と一言。と思ったら暖かく柔らかい何かに包まれてた。フェラチオが始まっていた。やはり暗闇で敏感になっているペニスの触覚は、くらら嬢の舌の動きを完全に脳に伝え、当方を仰け反らせる。思わず声も上げてしまう。

ここで初めての対面

股間に下がったくらら嬢に手を伸ばそうとすると、脱ぎかけのバスローブが邪魔になり「これ脱いでいい?」と聞いてみる。すると「アイマスクも取る?」とくらら嬢。まだ序盤だったので思わず「いいの?」と聞いてしまう。くらら嬢は「うふふ♡」と笑いながらアイマスクを外してくれる。いよいよくらら嬢と対面!

「うふふ♡こんにちは♡」とニッコリ笑うくらら嬢、とても綺麗な顔をしている。綺麗で童顔、ショートヘアの髪色が明るめなので土屋アンナの若い頃の様なハーフ顔。多分その美しさを意識している感じで、くらら嬢は当方の目の前いっぱいに笑顔を見せてくれる。

そしてやはりその美しさを意識している感じで「うふふ♡」と笑いながら、こちらにまたがった状態の膝立ちになり全身を晒してくれる。その体は手探りで想像した通りの美しさで、ほんの少しムッチリしながらもウエストからお尻のラインは素晴らしい。バストだけが想像より小さめだけどピンクの乳首が初々しい。

責め派も満足

その美しさに思わず下からハグをしてしまうと、くらら嬢はにっこり笑いながら反転し自ずとこちらが上になる体勢に。とても自然な攻守の交代。ほとんどM性感的なプレイは無かったしまだ前半の時間帯だったので、責めていいものか半信半疑だったのだがとりあえずキスから始める事にする。

そこからくらら嬢は一転「受け派」となり、いつもの「責め派」のプレイを堪能する。キスには熱く応え、首筋から乳首への刺激に声をあげて悶える。「舐めていい?」と聞いてみると「舐めて…」とかすれ声で言い、大きく脚を開き自らの指で陰唇を拡げて、小さめのクリトリスを露出させる。

その股間に陣取るとくらら嬢はこちらの肩に足を掛け、さらにM字に開脚して全てをさらけ出してくる。その体勢から開いた膣口に指を這わすと、大きく声を上げながらヌルヌルと飲み込んでいく。クリトリス を小刻みに舐めながら、Gスポットをゆっくり押す様にすると、腰を宙に浮かす程仰け反って大波に飲み込まれていく。

フィニッシュ!

ぐったりしたくらら嬢の横に添い寝状態となり、ゆったりとその美味しいキスを楽しむ。そのままくらら嬢の美しい身体を撫でていると気持ちの良さそうな吐息をもらすので、なんとなく股間に指を這わそうとすると「指入れて♡」言いながら再び大きく開脚をする。そして貪欲にも自らの指でクリトリス を撫で始める。

空いた手でこちらのペニスを握り、ゆるゆると擦り始める。こちらは今までのエロい体験に既に興奮が高まっていたので、すぐに快感が高まって来る。思わず「ああ、イキそう…」と言うと、くらら嬢は「イって!一緒にイこっ!」と叫びながら追いつこうとする様に自らの指のペースを上げる。

こちらも中の指でGスポット奥あたりを押す様にすると、程なくくらら嬢の内部はバルーン状態になる。そしてほぼ同時に大声を上げて果てる。飛び散ったモノはくらら嬢の横腹のあたりを汚し、くらら嬢の内部はこちらの指をリズミカルに締め付ける。とても満足なクライマックスを迎えることが出来た。

プロ意識の塊

息が整った頃、くらら嬢が「こんな感じになった事はあまり無いかも…。」と打ち明ける。いつもはもっと男性客を責め立てる様なプレイスタイルだと言う。そこでよくよく話を聞いてみると、よくある「こんなに感じちゃったのは貴方だけ」と言う様な疑似恋愛方向のリップサービスとは逆の意味だった。

くらら嬢は出会ってすぐ(こちらはアイマスク状態)に当方の嗜好(強度の責め派)に感づいていたとの事。そこで当方が気持ちよくプレイができる様に、場面場面で方向修正をしながらプレイ全体を支配していた様である。当方にはそれを感じさせずに満足させるという、驚くべきプロ意識の持ち主であった。

さらに聞いてみるとくらら嬢は、若くしてこの店舗の最古参のキャストであるとの事。この店舗のプレイスタイルの確立や問診票システムの導入にも関わっている様である。新人キャストのプレイ講習もくらら嬢の役目になっているらしく、そのプロ意識にも納得がイった。

店舗情報

店舗名 秒即DE舐めてミント
ジャンル コスプレ
予約電話番号

03-5422-7130

店舗総評

素人なのか小悪魔なのか

『秒即DE舐めてミント』のコンセプトは「普段は清楚で可愛い普通の女の子、、が突如小悪魔に!」なっており、比較的若い女性から一方的に攻められるM性感的プレイが売り物の店舗である。店名の『秒即…』は男性客のシャワータイムはプレイ時間に含まれないシステムから来ている。これにより即プレイが可能となり時間が有効に使えるのも嬉しい。

価格帯 2万円~5万円未満
WEBサイト(PC)

コメント(秒即DE舐めてミント くららの風俗口コミ

コメントがまだありません。

コメントを残す